ICHITAN
Home
Top
社長挨拶
What's new
会社概要
会社沿革
製品紹介
主要設備
IR情報
採用情報
サイトマップ
個人情報保護方針
環境方針
お問合せ
アクセスマップ
鍛流線の写真 株式会社イチタン
群馬県太田市新道町74番地
TEL:0276(31)2331
※鍛流線(メタルフロー)
鍛造によって鍛えながら成形された金属は、左記のように繊維組織がまるで大木の年輪のような模様に変わります。鍛造品の高い耐久性と安全性の理由は、この鍛流線にあります。
Metal flow
A forged metal,which was deformed and tempered through forging,has a unique fibrous structure like a wood grain as shown above.This is the root of the high durability and reliability of forged parts.

    先端技術を駆使した精密鍛造テクノロジー

鍛造」、一般の方には耳なれない言葉かもしれません。これは、工具、金型を用いて金属材料を圧縮、または打撃して鍛え、強靭で、精密度の高い製品を造る工法のことです。
ICHITANでは、先端技術を応用し、数々の独自に開発した鍛造技術を駆使して良質な各種製品を生産しております。
特に難加工品については、ネットシェイプ化を図っており、この技術によって、軽量で精度の高い製品が可能になるばかりか、機械加工工程も大幅に省略でき、トータルコストの低減にも大きく貢献しています。

  柔らかな発想、新しい技術の開発、提案型企業としてのアプローチ

未来を見すえた提案型企業としての側面を持つICHITANは、従来の鍛造技術に加え、熱間冷間複合加工のような複合化された加工技術を開発、新素材の加工までも視野にいれた新しい製品の提案を積極的に行っております。
また、ICHITANでは、柔軟な対応力、企画力の養成にも力を注ぎ、時代とともに変わるユーザーのニーズに合わせた製品を、タイムリーに市場へ送り出しています。

     精密鍛造技術の進歩

精密鍛造技術によって機械加工工程の省略が実現でき、コストと納期の両面で高い競争力を発揮しています。また、熱間鍛造技術(従来技術)に加えて、熱冷間複合鍛造技術や新素材鍛造技術等の新技術開発が進み高精密な加工が可能になりました。

ISO 9001     認証取得 2000年2月
QS-9000     
認証取得 2001年5月
ISO 14001    
認証取得 2004年3月
ISO 9001-2000  認証取得 2007年7月
TOP社長挨拶What's new会社概要会社沿革製品紹介主要設備IR情報採用情報個人情報保護環境方針お問合せアクセス